マンション売却の際に不動産会社へ相談したこと

中古で購入したマンションを売却し引っ越すことに

中古で購入したマンションを売却し引っ越すことに買い手が見つかるも引っ越し先が見つからず一時中断引っ越し先が見つかり無事に想定の金額で売却できた

中古で購入したマンションに住んでいて環境面では便利で不満はなかったものの、特注で他よりも広い構造になっていたので管理・修繕費や冷暖房にかかる費用が高くなり、節約のためにマンション売却して引越すことにしました。
まず最初にどの不動産会社に仲介してもらうか検討し、ポストにこの地域で住宅を探しているとする会社のものがあり、有名な大手だったのでそこに連絡して相談しました。
家の中を見てもらい、いくらぐらいで売れそうか、買い手が付く見込みがあるかなど聞き、競合する物件が少ないので購入時とほぼ同じ価格になるだろうという説明で安心できましたが、問題になったのが手順です。

現在の手持ちの現金では引越し先を購入するには不足しており、ローンも組みたくないという状況でした。
そのため、先にマンション売却のお金を手にすることはできないのか相談し、引き渡し時期を決められるので1か月程度なら時間の余裕はあると説明されたので、そのまま依頼しました。
それからすぐに売却可能時期は未定としてインターネットの不動産情報を検索できるサイトに掲載されたことが確認でき、対応が早いので良かったです。
しばらくして内覧の希望の話が来たため、良い印象をもたれるように家の中をできるだけ片付けて訪問を待ち、不動産会社の担当者と一緒に案内をしました。